toggle
カリクギ,カクシ釘の株式会社大築
2022-01-15

床暖房敷設工事例⑤/工期は1日!?溝堀床暖房施工の話。

こんにちは。㈱大築WEB/釘担当_Rです。

2022年、年明け早々に敷設工事がありました。

フローリングに直接溝堀施工

今回は大阪府下の某工務店事務所様のデスク下への敷設工事です。
「足ウラぽかぽかOAフロア用」の出番!!となるはずだったのですが…

敷設するデスク下の床は一般的なフローリングにパンチカーペットを敷き詰めたものでした。
その為、下地のフローリング材へ溝堀加工をして電線を通すことに。

フローリングに溝を掘り床暖房用電線等配線

フローリングに電線、センサー、サーモスタットを埋め込むための溝堀りをして、結線・配線していきます。
(リモコンへとつながる結線も行いますが、事務所内が写ってしまうので割愛させていただきます。)

デスク下に床暖房ヒーター設置

ヒーター設置。
足元と、通路に配置しました。
四台の机に一枚ずつとそれぞれの通路に配置し、合計6枚の施工です。

床暖房ヒーター配置図

ヒーター敷設の配置はこんな感じです。

床暖房施工完了

カーペットを戻して完成!
合計6枚、丸1日で施工完了です。
床下が実は倉庫になっている為、下からの冷気でとんでもなく寒かったそうです…。
(考えただけで寒い…)
今回の床暖房敷設で少しでも快適に過ごしていただけますように。

今回のように、床下がOAフロアではない場合でも、デスク下に床暖房の敷設は可能ですので、デスク下の寒さ対策の1つとしてご検討いただけますと幸いです。

『施工無しで床下にパーソナル床暖房を!』という場合には「足ウラぽかぽかデスク「置くだけ」タイプ」がおススメです!

発見!カリクギ・カクシ釘!

倉庫のカリクギ、カクシ釘

道具などを置いてある1階の倉庫を見学させていただいたところ、棚に弊社商品のカリクギとカクシ釘を見つけました!頻繁に使われている訳ではないとしても、困ったときに頼れる釘の1つとしてプロの手元に置かれているのは嬉しいですし、ありがたいです。
(撮影・掲載許可共にいただいております。)

ではでは。ここまで読んでいただきありがとうございました。

担当_R

関連記事