toggle
カリクギ,カクシ釘の株式会社大築

内装釘

内装釘

木質材接着の仮止めに、
最適な釘をご存知ですか?

カリクギは高級化粧版や厚板化粧版などの仮止めに最適。
カクシ釘は本止めにも仮止めにも簡単に止めるのに最適。

カリクギのダイチクがお役立ちアドバイス!

木質材をしっかり接着するには、
仮止め専用のカリクギ・カクシ釘。

ご使用の皆様に募集中!

「どんなところで当社のカリ釘・カクシ釘を使っていただいていますか?
ご使用場所の写真を送っていただくと、当WEB サイトでご紹介させていただきます!」

1)工務店さん・大工さんがご愛用。

家を一軒立てるのに、工務店さんや大工さんは多くの作業をしなければなりません。その工程の中で、床・壁・天井に木質の内装材を接着剤を使って接着する作業が発生します。カリクギ・カクシ釘は、こうした木質材の接着を簡単確実にするための専用の釘です。

2)工夫次第で用途多彩、一般の方にもオススメ。

カリクギ・カクシ釘は、接着剤と併用して仮止めをする釘。
プロのお役に立っている信頼の製品です。工夫次第で使い方が広がるので、一般の方にもオススメです。

3)こんなとこにも使えます。

カリクギ・カクシ釘は場所を選びません。壁や床、そして巾木、廻縁、見切縁など、内装における木質材の接着の仮止めに使用。
家具やインテリアなど暮らしの多彩なシーンで使われるほか、カヌーや模型など趣味の領域でもお役に立っています。

4)施工別にサイズをご用意しています。

カリクギは極細なので釘あとが目立ちにくい。だから高級化粧版の接着施工にも安心して使えます。また長さや形状などのバリエーションを取り揃えており、厚板化粧合板(K1L) や養生シート止め(K2)など様々な使い方が可能です。

→サイズの詳細説明はこちら

5)マンションのコンクリート面への「仮止め」に。

マンションなどのコンクリート面に使える、直貼り用仮止め釘「カリクギK2c シリーズ」。打ち込みやすいローリング加工で、60 度曲げても折れない安全設計です。釘痕が目立ちにくいΦ1.3~1.5 の硬鋼線を採用しています。

6)仮止め」のあと、釘の頭を弾いて「本止め」。

カクシ釘は「仮止め」の後、釘の頭を弾いて除去し、残留釘が「本止め」となる専用釘です。釘の頭を弾くだけで本止めになるので作業が効率的に進みます。

7)硬質化粧合板や店舗内装材の接着施工など各種サイズを用意。

カクシ釘は、硬質化化粧版の接着(F22)や住宅の廻縁・巾木・額縁の接着(F36)、店舗内装材の接着施工(F45)、2×4 工法のケーシング材の接着など幅広くご利用いただけるように各種サイズを取り揃えています。

→サイズの詳細説明はこちら

品名・品番・サイズ・木質材の厚み・釘が効く長さ(釘先)
※数字の単位はmm
※木質材の硬さにより釘が効く長さは変わります。
目安としてご参考にしてください。

カリクギ・カクシ釘は、お近くの金物店やホームセンターでお買い求めください。